三豊総合病院看護部案内

LINEで送る

看護はライブ!肌で感じて次につなげる

三豊総合病院 副院長兼看護部長 森安浩子
三豊総合病院
副院長兼看護部長 森安浩子さん

「看護はライブ!」とは、当院がめざす看護を表す言葉。
看護は、決まった援助を誰にでも同じように行うのではなく、その場の状況応じて、様々に対応を変えなければなりません。そして患者さんからの反応を即座に感じとり、次の援助を考えることが必要です。看護は、常に変化を続ける患者さんの前で、その場にいる人たちの手で創るもの。まさに、看護はライブ!なのです。
人々が生きる過程の中で、健康にまつわる問題に看護職は介入します。その人にとって今どんな介入が必要なのかを考え、看護職がその人らしく生きることを支える、そして状況が変われば次の看護職にバトンをつなぐ。当院では、そんな看護をめざしています。

mitoyo150323