亀山市立医療センター看護部案内

LINEで送る

老年看護の専門性は社会からのニーズ

亀山市立医療センター 看護部長 前川弘美さん
亀山市立医療センター
看護部長 前川弘美さん

急速に進む日本の高齢社会では、高齢者への看護の専門性が求められています。
高齢者への看護は、医学モデルではなく生活の質を向上させるという視点から保健・医療・福祉と連携して考えることが求められ、老年看護の専門性を持つ看護師の育成は社会からのニーズです。
当院に入院されている患者さんの平均年齢は常に70代後半、高齢者が多く入院される病院です。 高齢者のQOLの向上を支援する看護を提供し、社会から求められている老年看護の専門性を持った看護師を育てることが当院の課題だと考えています。
私がまだスタッフだった頃のこと、私の些細な援助にお礼の言葉を残して旅立たれた患者さまがおられました。些細な援助も患者さまの心に深く残ることもあるのだと教えてくださったその方のことは、今も忘れることができません。だから患者さまが私に残してくれた教えを活かし、いつも看護をふり返り、自分の対応で患者さまの心にどんな影響を与えているかを実感し、心を込めて援助できる看護師を育てようとしてきました。
患者さまは元々回復する力を持っておられます。それを惹きだすために私たちが出来ることは何かを考え、援助することが看護師の存在価値だと考えています。

kameyama150323

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>