綾部市立病院 看護部案内

LINEで送る

「治し支える医療」が求められているから

綾部市立病院 看護部長 柏原喜美代さん
綾部市立病院
看護部長 柏原喜美代さん

世界に先駆けて超少子高齢社会を迎え、さまざまな健康課題に直面している我が国は、ケアの時代を迎えたといえます。日本の医療は、病院完結型の医療から地 域包括ケアへとシフトし「治し支える医療」が求められています。そんな社会の変化に応じて、急性期病院に勤務する私たち看護師の意識や教育も変えていく必 要があると考えています。

加齢により生体機能が低下している高齢者の方々に対する急性期医療を担う当院の看護師には、的確な観察と発達段階に応じたアセスメントを行う力が求められ、そのためには、フィジカルアセスメント力を強化が大切です。また全ての人に尊厳あるケアの提供ができるような倫理観を養うことも重要です。

そんな看護の基盤を育てながら、患者さまの思いに心を寄せて在宅での「生活を支える」ために、対象を「生活者」と捉えて必要な情報を訪問看護師やケアマネージャーにつないでいこうと行動する意識づくりも欠かせません。

当院では「誰もが住み慣れた地域で最後まで自分らしく生き切ることができるケアのあり方」とはどうあるべきかを常に問い続け、そのために必要な力を視野に入れながら、看護師を育てていきたいと考えています。

3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>