1時間目 なぜキャリアデザイン?

LINEで送る

近ごろの社会って?

今の中高年の働き手が会社に就職した頃は終身雇用が前提でした。会社が雇用を保証する代わりに、社員は会社の言うとおり、配属・転勤・仕事内容の変更などを受け入れることが当たり前でした。つまり、キャリアを考えるのは会社だったと言えます。しかし近年、経済状況や社会状況が大きく変化し、誰にでもリストラの可能性がある時代です。そのような社会では「自分のキャリアは自分で考える」ことが求められているんです。

看護師の社会ではどうだろう?

今のところ看護師にはリストラの可能性は低いと言えます。でも・・・医療の発展は目まぐるしく、常に変化する高度な医療技術の習得を求められたり、患者の権利意識の向上によって、以前にも増して看護師の職務はストレスが高くなっています。そのような社会では、自分のキャリアを自分で考え、仕事に対して価値を見出していなければ、何のために頑張っているのかがわからなくなってきて、ストレスに潰されてしまいます。そうすると、仕事の継続が難しくなるんです。だから、人生に対する目標や仕事に対する目的をしっかり考えることが大切なのです。目標がなく、ただ目の前の与えられた作業をこなすことでは「こんなストレスがたまる仕事は耐えられない」と安易に退職することにつながりやすいのです。

目標となる人物を持っていますか?

そうは言っても自分の人生をどのように創りたいか?ということを考えるのは難しいかもしれません。「自分はどのような人間なんだろう?」そんなことを机の上で見つけようとしても、「自分はどんな看護師に向いているのか?」ということをいくら考えてもなかなか答えは見つからないものです。だからこそ、実際に社会で活躍する人々の働きぶりや価値観に触れることが大切なのですすごい!と思える先輩を見つけて「こんな人になりたいな~」「こんな風に仕事がしてみたい」そんな思いを抱くことがキャリアデザインの第一歩だともいえるでしょう。