地域住民をトータルで支える

LINEで送る

社会医療法人医真会
医真会八尾総合病院
理事長・院長 松村吉庸さん

医真会当法人は、「私達は人間愛に基づき最大の努力で最良のヘルスケアを地域の人々に提供できるように努めます」という理念を掲げ、疾病の予防から急性期から慢性期医療、福祉・介護と在宅療養を担い、地域住民をトータルで支えることを目指しています。私どもが大切にしたいのは地域住民との密な関わり。そのために、様々な取り組みを行っています。
たとえば疾病の予防に対して、医真会八尾総合病院内の“健康管理センター”で人間ドック・企業検診を行っていますが、それだけではなく“健康祭”で予防医学に対する講演会の開催、メディカルチェックの提供などで、地域の方々が健康に興味を持っていただける啓蒙活動に取り組むことで、住民の健康保持に貢献しています。また、夏祭りや餅つき大会などを開催して近隣の方々と積極的に交流し、人間関係を深めることで、地域に根ざした医療・福祉サービスの提供を実現したいと考えています。

医療にとって看護師さんの力は重大

当法人の中で、急性期医療を担うのは、医真会八尾総合病院。私は院長でもあります。多職種によるチーム医療が浸透してきていますが、院内で安心・安全な医療を提供するためには、看護師さんの力は重大だと思っています。医師はいつも患者さまのそばにいるわけではありませんので、患者さまの身近な存在である看護師さんが得る身体的情報などは治療にとって重要な役割を果たします。また、患者さまの多くは、医師には言いにくいけども看護師には言えるという人もおられ、患者さまの本音を知っているのも看護師さんです。そういう意味でも、医療チームの中で重要な役割を担うわけですが、患者さまの情報を得るためには、信頼関係の構築が大きなカギを握ります。
私はいつも、患者さまやご家族に向き合うときは、相手の立場で考え説明を怠らないようにと伝えています。たとえば、患者さまに診療・看護を待って頂くときも「ちょっと待ってください」だけでは不十分です。「待っていただく理由」を説明すれば納得して待って頂けるのです。その一言が信頼関係につながってゆくと考えています。また、それは、組織づくりにもいえることで、部署のリーダーとスタッフはそれぞれの立場で考えて、信頼関係に繋がる一言を忘れないように心がけて欲しいと思っています。

ベッドサイドは学びの宝庫

当院の看護師さんには、自信と誇りを持って看護をしてほしいと願っています。学習して知識を持たなければ自信を持つこともできませんが、医療の勉強とは教科書を読めば学べるというものではありません。私は若い頃、教授から沢山のことを教わりましたが、最も心に残っているのは「百聞は一見にしかず。カルテに書かれていることだけで情報を収集するのではなく、直接患者さまを診察してきなさい。」という言葉でした。ベッドサイドは学びの宝庫で、足を運べば患者さまの状態や反応から沢山のことが勉強できます。解らない事があればその時に、カルテを見たり、調べたり、先輩に聞いてみたり、その繰り返しこそが自信へとつながっていく近道です。
また、医療職は「聖職」であるといわれますが、看護師をめざすみなさんも、奉仕の精神を忘れずに日々を過ごして欲しいと思います。患者さまやご家族はもちろん、同僚や上司、後輩に向けても奉仕の精神を持って接することが医療人ではないでしょうか。
また、私は、家族を愛することと同じように、職場を愛する心を持って欲しいと考えています。家族の根底には愛があり、叱るのも、相手を思えばのことですが、職場の人間関係も同様に、愛を持って欲しいと願います。みなさんにとっても、それが職場の人間関係を良好にして、仕事を楽しくする秘訣だと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>