3時間目 自分の意志をうまく伝える

LINEで送る

志望動機で大切なこと

ただ、自分本位に「~したい」なんていうのは志望動機にはなりません。たとえば、「私は急性期の看護が勉強したいから、外科病棟を希望します」なんて言っても「ああそうですか」で終わりです。「外科病棟に配属されたら自分の強みを活かしてこのような看護が提供できるように勉強したい。そして将来的には病院に貢献できます」というような、自分とその病棟との接点をうまく説明することが必要です。

志望動機ってどう書けばよいの?

その病院に就職する志望動機も、配属への希望を伝える志望動機も同じですが、3つの視点が必要です。①What・・・意思・・・○○したい②Why・・・動機・・・なぜならば○○だから←問題意識③How・・・具体的計画いくつかを伝えて、その中の1つを具体的に書く、そして締めくくります。志望動機で多いのが、Whatだけが書かれていて、Whyがないのです。「ここに入らせてください」「この病棟に配属してください」という願望だけを述べるのではなく、このような問題意識を持っているので、この病院(病棟)でこのような看護がしたいと思います。だからこの病院(病棟)で働きたいのです。という意思を明確に伝えましょう。

希望する科への入職のチャンスです!さあ、練習しましょう!

現在看護学生の就職は売り手市場です。だから、学校では志望動機をそんなに力を入れて練習したりはしませんね。だからこそチャンスです!キラリと輝く志望動機で就職はもちろん、希望する科への入職だってOKのはず!!

さあ、実際に練習してみましょう。

worksheetdw-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>